エネルギーを無駄なく賢く使う 石村住建の省エネ住宅

高断熱・高気密がこれからの家づくりの流れ。冬は太陽の熱を取り入れ、夏は風の流れを取り入れ、日蔭を作ることで快適性を確保し、それを逃さない断熱性能を備えた風土に根差した家づくり。

それにプラスして、自然エネルギーを電気に変える太陽光発電、発電した電気を蓄えて使うためのリチウムイオン蓄電システム、エネルギーの使用状況を「見える化」し、賢く使うHEMSなど、最新の省エネ技術を集め未来を先取りしたスマートハウス。

石村住建は、これまで培われ熟成した建築技術、洗練された新しい省エネ技術を柔軟に組み合わせ、エネルギーを無駄に消費しない、燃費の良い家づくりを適正価格で実現。さらに初期の導入コストを毎月の光熱費削減と売電によって償却し、トータルで出費を抑えることの出来る高機能省エネ住宅をご提案します。

太陽光発電システム

施工実績豊富な太陽光発電システム工事

石村住建には住宅用を始め、産業用案件まで幅広く販売・施工の実績があります。太陽光パネルの材用販売で培ったメーカーとの豊富な取引経験を活かし、お客様のニーズに合った最適なエコライフのご提案が可能です。 パネルの施工には雨漏りなどのトラブルが心配されますが、様々な土地や屋根形状に合わせて設計・施工を数多く経験してきた弊社スタッフが安心・安全の工事を行います。

安心施工工事の様子
ビル・新築向き平置き型
リフォーム向き屋根置き型
大型施設向き産業用パネル

太陽光発電システムは住宅の屋根を有効活用し、余剰買取制度(※1)の対象として売電による収益も期待できるうえ、節電意識の向上により、日常から省エネに心掛けるようになったというお客様も大勢おられます。また、日中の停電時の非常用電源として活用できるメリットもあります。

※1 再生可能エネルギー固定価格買取制度 / 家庭で消費した後の使われずに残った電気(余剰電気)を電力会社が買い取る制度です。

太陽光発電で光熱費を大幅に節約

新築・リフォーム時に太陽光発電システムを導入すれば、年間の光熱費を大幅に削減できます。発電して得た電力をご家庭内で使用するだけでなく、売電による収入も期待できます。

■太陽光発電導入シミュレーション

<導入後の光熱費> 月々23,540円の節約 / 年間282,485円の節約 (電気料金:月25,000円でシュミレーション)

※ 地域:四国中央市 / 屋根の向き・形:南・切妻屋根 / 屋根の角度:20度 / 太陽光パネル枚数:29枚 / 建坪:30坪 / 買取価格:1kWh35円 の条件で試算

導入後の光熱費を診断

トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社の太陽光発電シミュレーターへ

リチウムイオン蓄電システム

自然エネルギーを蓄えて使うという発想。

  • 太陽エネルギーをもっと便利に経済的に

    リチウムイオン蓄電システムとは、屋外に高性能な大型の蓄電池を備え、状況に応じて電気を効率的に使用するシステムです。

    日中は太陽光発電の電気を充電、夜間は料金の安い深夜電力から充電しておき、電気を使いたいときには蓄えていた電気を利用します。太陽光発電をより効率的に活用できるため、エネルギーをコントロールする経済的な暮らしが実現できます。

  • 停電時にも電気が使える

    太陽光発電システムは、当然ながら夜は発電できません。そのため太陽光発電だけでは夜間の停電時に対応できませんが、蓄電システムとの併用なら、日中の発電量を蓄えておくことができるため、非常時にも電気を使うことができます。

    停電時に使いたい家電製品をあらかじめ設定しておくことができ、設定いただいた家電製品などには蓄電池から電力供給が再開されます。

  • 売電・節電を強力にバックアップ

    日中に電気を使われる方・使わない方、燃料電池をお使いの方、太陽光でつくった電気をできるだけ売電にまわしたい方など、電気の使い方に合わせて充電・放電(電力消費)を自動、または手動で切り替えできます。

    太陽光発電で得た電気を売電したり充電したり自由にコントロールできるため、売電による収入アップや、節電による光熱費削減につながります。

蓄電システム導入に補助金制度を活用

今なら
お得!1住宅あたり最大100万円補助

国の定める「定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金」制度を利用すれば、蓄電システム導入コストを低く抑えることができます。詳しくは下記リンク先のSII公式サイトをご覧ください。

蓄電池補助金制度について

省エネ住宅ポイントを活用して賢く新築・リフォーム

今が
チャンス 1住宅あたり最大30万円ポイント

基準を満たしたエコ住宅の新築やエコリフォームでお得なポイントを獲得、いろいろな商品と交換できる制度です。詳しくは下記リンク先の省エネ住宅ポイント公式サイトをご覧ください。

省エネ住宅ポイントについて交換商品について